カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ オリエンタルHP
 

カレーの保存方法について

ジメジメとした日が続き、気分も重くスッキリしないシーズンがやって来ますね。
そんな時期は、食中毒の原因となる菌の繁殖が活発になります。
一晩寝かせたカレーはとても美味しいですが、保存方法に注意してくださいね。
今回は、家庭でのカレーの保存方法についてのお話しです。
保存方法には、「常温保存」「冷蔵保存」「冷凍保存」の3つがあります。

まず、「常温保存」から、
基本的に常温保存は菌の繁殖を招きます。食中毒の危険性がありますからあまりおススメ出来ませんので、充分注意してくださいね!

次に「冷蔵保存」ですが、
冷蔵保存する場合、一度沸騰するぐらいしっかり加熱していただき、カレー鍋を冷水に浸して蓋をせずに冷ましてから密閉容器(タッパーやジップ付き袋など)に入れるなどして冷蔵庫に入れて保存してください。密閉容器に入れないと他の食品ににおいが移ったり、冷蔵庫内にカレーのにおいが充満してしまったりするので注意してくださいね。

最後に「冷凍保存」ですが、
冷蔵保存のときと同様に、一度沸騰するぐらいしっかり加熱してから、カレー鍋を冷水に浸して蓋をせずに冷まします。充分に冷ましたら、密閉容器(タッパーやジップ付き袋など)にいれて冷凍庫に保存します。

以上、保存方法についてお話してきましたが、上手に保存しておいしいカレーを召し上がってくださいね。

コラム

ページトップへ